English

Presspop inc.


チャーリー・エーハンのレア映像集:『ワイルド・スタイル』前後(BOX SET) [DVD]

Artist: ,
4560247870195

チャーリー・エーハンのレア映像集:『ワイルド・スタイル』前後(BOX SET) [DVD]  (4560247870195)

販売価格(税別)
¥7,600
在庫状態 : 在庫有り

収録リスト

1. ディスク 1 殺人的護身術
2. ディスク 2 ドゥイン・タイム・イン・タイムズ・スクエア
3. ディスク 3 アーティスト達の肖像
4. ディスク 4 豪華特典『ワイルド・スタイル』MC勢主演の未公開短編映像3本

出演: キキ・スミス, ジェーン・ディクソン, トムオッタネス, マーティンワン, ジョンエーハン
監督: Charlie Ahearn, チャーリー・エーハン

  • リージョンコード: リージョン0
  • DVDディスク枚数: 4
  • 販売元: PRESSPOP MUSIC
  • DVD発売日: 2008/11/14
  • 時間: 230 分
  • 定価:7,600円(税別)

(DVD – 1) THE DEADLY ART OF SURVIVAL (殺人的護身術)本編61分 ボーナス特典(ネイサン・イングラムへのインタビュー)10分、1979年 ヒップホップのルーツはニューヨークのゲットー・カンフー・カルチャーだった!チャーリーが『ワイルド・スタイル』を撮影する直前に製作したと言われる幻の作品がついに日本語字幕付きで登場!ヒップホップの根源的な要素がふんだんに散りばめられている歴史証言的作品だ。
(DVD – 2) DOIN’ TIME IN TIMES SQUARE (ドゥイン・タイム・イン・タイムズ・スクエア)本編39分 ボーナス特典(チャーリーへのインタビュー)22分、1981年~1983年 強盗、ドラッグの密売、売春、喧嘩、ドラァグクイーン達……80年代前半のリアルなニューヨーク市タイムズ・スクエアの光景を目撃せよ! 1981年から1983年までの『ワイルド・スタイル』撮影中/配給中の期間撮り続けた自宅アパートの窓から見える街の喧噪に、家族の映像を織り交ぜてまとめた作品。ヒップホップをはじめとする多くの優れたNY・ストリート・カルチャーはこの混沌としたエネルギーが源だった!
(DVD – 3) CHARLIE AHEARN’S ARTIST PORTRAIT VIDEOS (アーティスト達の肖像)本編:77分 チャーリーが紹介する最も刺激的なニューヨークのアーティスト達! 内容:1.キキ・スミス ”生身のキキ” 1993年 2.ジェーン・ディクソン “のぞき部屋のジェーン” 1993年 3.トム・オッタネス “スーパーウーマン” 1994年 4.マーティン・ワン “マーティン・ワン” 1998年 5.ジョン・エーハン “ファニート・ウォルトン・アヴェニュー1984年” 1991年 6.コレット “サロンの準備中“ 1995年
(DVD – 4) BOX SETボーナス短編映像集 本編:19分 映画が公開されてから20年以上……『ワイルド・スタイル』のMC勢がぶちかます!

1.BUSY ON THE BEACH(ビジー・オン・ザ・ビーチ)2006年ビジー・ビーが現在の地元、ボルチモアをライムで案内。セイ・ホー!
2.BONGO BARBERSHOP(ボンゴ床屋)2005年 EZマイク、DJグランドマスター・カズ等がヒップホップ発祥
3. BROTHERS FANTASTIC(ファンタスティック・ブラザーズ)2007年祝ムショ帰り!ウォーターベッド・ケヴィ・ケヴとマスター・ロブ兄弟のスムースなライムは健在だ。 ※ 全作品解説:チャーリー・エーハン

 

チャーリー・エーハン
ホイットニー美術館のアーティスト・プログラムに参加するため、1973年にニューヨーク市へと移住し、アンダーグラウンド・アート・シーンで活動を始める。1979年にスーパー8で撮影したヒップホップ・カンフー映画、『ザ・デッドリー・アート・オブ・サバイバル(芸術的護身術)』を監督し、ヒップホップの前身となるストリート・カルチャーを目撃する。1980年の夏、ファブ・ファイヴ・フレディと共に伝説のグラフィティ・ライター、リー・キノーネを主演にした映画『ワイルド・スタイル』の撮影に入る。1982年に世界中で公開されたこの作品はヒップホップ、グラフィティ、ブレイクダンス・シーンを取り上げた初めての作品で、ヒップホップ・カルチャーのバイブルと言われている。その後、1992年には、『ドゥイン・タイム・イン・タイムズ・スクエア』がニューヨーク・フィルム・フェスティバルにて公開。また、キキ・スミスを始めとする多くのアーティストについての短編を製作した。そして、2001年の7月には自らが脚本と監督の両方を務めた長編映画、『フィアー・オブ・フィクション』が公開された。

数量

Comments are closed.