English

Presspop inc.


TVパーティー・ドキュメンタリー

Artist:
4560247870096

TVパーティー・ドキュメンタリー  (4560247870096)

販売価格(税別)
¥3,800
在庫状態 : 在庫有り

バスキア、ブロンディ、ジョージ・クリントン、ミック・ジョーンズ、アート・リンゼイ、ジェームズ・チャンス、デビッド・バーン、アンディ・ウォーホール…
80年代初期のニューヨークに奇跡の顔ぶれがそろうパンク・ニューウェーヴ・ヒップホップとグラフィティーの結節点、伝説のテレビ番組がついにDVD化!

 

 

 

1978年から1982年まで時代の寵児グレン・オブライエンが司会を務めたのはTV パーティーというニューヨークのケーブル・テレビ番組だった。
ブロンディのクリス・スタインが共同司会したこの番組は、テレビ史上それまでにない独特のゲリラ的スタイルを持っていて、パーティ形式、台本なしで毎週一つのテーマのもとに展開された。番組では出演者達がジョイントを吸い、毎週予測不可能なゲストが現れライブ演奏をし、政治やアート・シーンを語り、視聴者達と電話で生々しく語り合い、体制や田舎者を乾いたユーモアでバカにし、当時のNYでクールであるという事はどういう事かを体現していた。一見無関心でいいかげんを装う出演者達だが、当時の若きアーティスト達が集ったこの番組は、溢れんばかりのクリエティブ・エネルギーに満ち溢れていて、それはスクリーンを通じて現代の我々にも強く訴えかけてくる。

「TVパーティー:ドキュメンタリー」はブリンク・フィルムズと監督、ダニー・ヴィニック(映画「スパン」プロデューサー)が手を組み、デジタル映像として制作したものである。内容は、当時の番組の映像を交えながら、現在もトレンド・セッターであり続ける登場人物達へのインタビュー<グレン・オブライエン、デボラ・ハリー(ブロンディ)、クリス・スタイン(ブロンディ)、ウォルター・ステディング(番組専属バンドのディレクター)、エイモス・ポー(番組撮影監督)、ファブ・ファイヴ・フレディ(グラフィティ・アーティスト、ラッパー、映画「ワイルド・スタイル」に主演>で、全体を通しては、TVパーティーについてのみならず、過去そして現在のニューヨークのアート&カルチャー・シーンを探求したものに仕上がっている。
内容:イントロダクション/始まり/インスピレーション/撮影場所:ETCスタジオ/”ドク”・ステディングとTVパーティー専属バンド/ドラッグ/音楽/視聴者との生電話/当時のニューヨーク/現在のETCスタジオ/政治/エピソードごとのテーマ/終わり

制作者:プロデューサー/監督 ダニー・ヴィニック
インターネットの発端時からウェブの開拓者としてあらゆる事にチャレンジし続けたきた。1999小説、”BLUE PAIGE”を出版。自身の会社、BRINK MEDIAはウェブ・ソリューションやマーケティング・キャンペーンのサービスを提供し、顧客に含まれるのは:ケビン・スペーシー、クリスティ・ターリングトン、そしてバンド、ベルベット・リボルバー等。そして、エンタテインメントに特化した子会社BRINK FILMSを新たに立ち上げた。リリース作品として挙げられるのは:「スパン」(2003)、そして “PORNSTAR PETS”(ポルノ・スターのペットについてのビデオ)等。

グレン・オブライエン(総合司会)
80年代のNYシーンを語る上では必要不可欠な人物。彼のキャリアは、まずアンディ・ウォーホールの雑誌「インタビュー」の編集長として始まった。彼はこの雑誌で”グレン・オブライエンのビート”という名コラムを担当しており、これが彼を当時のニュー・ウェイヴ・カルチャー・シーンの重要なアイコンとした。また、ジャン・マイケル・バスキア主演の映画「ダウンタウン81」の脚本を書き、プロデューサーも務めた。80年代とそれ以降も、彼は数々の広告キャンペーンやTVコマーシャルをディレクションし、その多くが誰もが一度は目にした事がある有名なものばかりである。その他、詩やエッセイ等、あらゆるジャンルにおいてその才能を発揮する彼は、GQ、バニティ・フェァ、ペーパー・マガジン等のレギュラー・コラムニストである。また、文芸雑誌Bald Egoの編集長を務め、小説も書く。

クリス・スタイン:ミュージシャン/プロデューサー/作曲家/写真家
バンド、ブロンディを立ち上げた人物で、現在もメンバーとして演奏・作曲している。また、プロデューサーとしても活躍していて、ジェイムズ・チャンス、ガン・クラブ、イギー・ポップ等のプロデュースをしている。写真家としても活動しており、お気に入りの被写体はバーニング・マン・フェスティバルである。ウッドストック在住で、妻と子供が二人。

ウォルター・スティーディング:画家/作曲家
ニューヨーク市とペンシルバニア州、ハーモニー、を行ったり来たりしている。頼まれて描いた肖像画は:アンディ・ウォーホール、フレッド・ヒューズ、川久保怜、ジャン・マイケル・バスキア、デボラ・ハリー等で、作品はヨーロッパや米国の著名なコレクションに納められている。

エイモス・ポー:映画監督
作品は:「ブラン・ジェネレーション」、 「ザ・フォーリナー」、スティーブ・アールのドキュメンタリー「フロッグス・フォー・スネークス」。バート・ランカスターの最後の、そしてマコーレー・カルキンの最初の作品を監督した。ニューヨーク大学の講師でもある。

デボラ・ハリー:ミュージシャン
バンド、ブロンディのフロントマン、解散後はソロ活動、ジャズ・パッセンジャーズのボーカリスト、女優業と多岐にわたる活動を続けてきた。最近のブロンディ再結成後はふたたびバンドのシンガーとして活躍。

リサ・ローゼン:モデル
80年代にローマに引っ越し美術修復師としての修行をし、バチカン宮殿等の修復作業に携わる。現在ニューヨークではトップ修復師の一人。

エド・バートグリオ:映画監督
作品は:「ダウンタウン81」など、現在はスイスでドキュメンタリーやコマーシャルを監督中。2005年のカンヌでは、自伝的ドキュメンタリーが上映された。

アート・リンゼイ:ミュージシャン/プロデューサー
プロデュースしたミュージシャン達は:デビッド・バーン、ローリー・アンダーソン、カエタノ・ヴェロサ、マリサ・モンテ(グラミー賞を受賞)。

ケイト・サイモン:写真家
最近ではボブ・マーリーと彼の周辺レゲエ・シーンの写真集、「レベル・ミュージック」を出版。アーティストや作家のポートレートを中心に撮影。

レニー・フェラーリ:ドラマー
ウォルター・スティーディング・アンド・ザ・ドラゴン・ピープル、ルー・リード、ジェイムズ・チャンス等と共演。プロデューサーとしても活躍。

ファブ・ファイヴ・フレディ(別名フレデリック・ブラスワイト):作家、映画監督
チャーリー・アハーンの映画、「ワイルド・スタイル」に主演。MTVの番組Yo MTV Raps(初めてヒップホップをメインに扱ったテレビ番組)の司会も務める。

ロバート・アーロン:ミュージシャン/プロデューサー/アレンジャー
シック、ブロンディ、デビッド・ボウィ、ミック・ジャガー、ウータン・クラン等と共演。現在ワイクレフ・ジーンのバンドのメンバー。

ティム・ライト:ミュージシャン
DNAのメンバーになる以前は伝説のバンド、ペレ・ウブのメンバーであった。現在ニューヨークに住む、ミュージシャンとして活躍する傍ら、ベリーズで祈祷師も務める。

タヴ・ファルコ:歌手/作曲家/パフォーマンス・アーティスト/映画監督/タンゴ・ダンサー
自身のバンド、パンサー・バーンズで世界中でパフォーマンスをし、数多くの映画に出演。

ジェームズ・チュラデック:
80年代のメディアの先駆者達に安くスタジオを提供して、ニューヨーク市に公共・ケーブル・テレビを普及させた第一人者。

 

  • TVパーティー・ドキュメンタリー
  • 2005年BRINKFILM制作
  • DVD 1枚 / 91分
  • NTSC
  • リージョン2
  • 日本語字幕
  • 発売:PRESSPOP MUSIC
  • 品番:PPMDV -004
  • JAN :4560247870096
  • 定価:3,800円 (税別)
数量

Comments are closed.