English

Presspop inc.


問い合わせが多いので

Q

@presspop お伺いしたいのですが、Chris WareのBuilding Storiesの日本語版は出す予定はあるのでしょうか?ジミー・コリガンがあまりにも衝撃的すぎたので・・・・。

 

 A

お問い合わせのビルデイングストーリーズ(以下BS)の件ですが、

弊社では前向きに日本語版考ております。しかしそれまでには乗り越えなきゃいけないハードルが多々あるのですが現時点では50/50と言う所です。

先日、ユーロ圏のクリスの版元と、このBS話をしたのですが、オリジナル版元(パンティオン)のBSが英語圏だけでなく、世界中にかなりの量流通しているみたいで、ユーロ圏では普通の書店でもBSの入手が可能になっているようです。

で、彼らの見解だと、ここまでの量が流通してしまっている現在、少なくとも、日本よりか英語が身近なユーロ圏では、『このBSはあえて、母国語で出版する意味がないと』と言ってました。

日本にどれくらいBSが輸入されているかは解りませんが、日本人の英語に対する状況を考えると、ユーロ圏とは違って、日本語版をリリースする必要はあると私は思っております。

 

ついでに、もう一つ!

 

久々の翻訳コミック(ダニエル・クロウズのザ・デスレイ日本語版)を出版するにあたって

まず、これは、プレスポップが反省しないといけない事なのですが、今まで10数年グラフィックノベル/オルタナコミックを日本でいろいろ紹介してきましたが、ダニエル・クロウズのゴーストワールド日本語版以外の翻訳コミックはだいたいここ10年で各1000~2500部ぐらいの実売です。本国ではトップスター作家のコミック・タイトルが、ここ日本ではこの数宇しか売れないか?何故なか~と…

で、これまでいろいろ考てきたのですが、いろんな要素があるとは思いますが最終的な見解は、”愛情が足りてない”と言うことだと思っています。

1、プロモーション不足…。

2、日本には馴染みのない特殊なコミックの読み方をどのように日本の文脈にあてはめ、読んだら良いかのきっかけを、読者に提示してこなかったこと。

3、全てのタイトルではないですが、最初から共通言語がある人に向けてのもの作りをしてしまった。

その他…

と反省点をあげればきりがないのですが…

で、反省点をふまえて気持ちを新たに、ダニエル・クロウズのザ・デスレイ日本語版を作っていて(6~7月に発売予定)、今回は、このコミックの読み方のきっかけ作りの解説を、才人森本ヨシアキさんに随筆していただいております。文章は今月末までにはHPにUP予定なので、購入御検討の参考にしてみていただければ幸いです。

で、弊社の書籍は、なかなか普通の本屋さんでは手に取って見ることができなくて興味を持っていただいたお客様にはご迷惑おかけしておりますが、愛情を注いで物作りに取り組んでおりますので、何卒サポート宜しくお願いいたします。

リアル店舗での取り扱いも少しずつ増えております)

Comments are closed.