English

Presspop inc.


マイケル・ドフォージュ & ジリアン・タマキ展

TCAF Presents

Canada Comic Arts vol.4 

マイケル・ドフォージュ & ジリアン・タマキ展

日時:11月15日(日) ~12月13日(日)
会場:渋谷パルコ part1 地下1 パルコ・ブックセンター内  PRESSPOP GALLERY にて。

 

カナダのコミック・フェスティバルTCAFとプレスポップ・ギャラリーのパートナーシップ企画第4弾は、マイケル・ドフォージュとジリアン・タマキの展覧会。カナダのコミック・シーンのスターであり実に才能豊かな二人のユニークな作品が一同に見ることが出来るレアな機会。今までの展覧会同様、作家達の創作スタイルや過程を展示することによってその作品の新たな一面を引き出す内容になっている。

ジリアン・タマキは、従姉妹が原作を書き、彼女がコミックを描いたコラボレーション作品であり彼女の代表作『ガール』(最も優れたコミックに与えられるイグナッツ賞受賞)の創作過程の原画を展示する。原作を元に描いたスケッチ、コミックのラフ・スケッチ、そして最終的に本(英語版&日本語版)となる前の原稿を見ることができる。

マイケル・ドフォージュはデジタル創作が主なので、紙に印刷されてはじめて作品が完成する。彼の限定シルクスクリーン・プリントがそのスタイルをよく表している。これらのプリントは彼独特のスタイルで手刷りされたもので、実に豪華でカラフルである。この展覧会では、これら様々なプリントが展示販売される。

 

作家について

unnamed

ジリアン・タマキ

従姉妹のマリコ・タマキとの共著であり、現代版『ライ麦畑でつかまえて』と謳われた全米大ヒットコミック『ガール』(2009年、サンクチュアリ出版、原題はSkim、日本版は現在絶版)のコミック作家。様々な本のイラストや表紙を手がけながら、ウェブ・コミック/グラフィック・ノベルである Super Mutant Magic Academyや、二度目のマリコ・タマキ原作作品、This One Summerを出版。カルデコット・オナー、プリンツ・オナー、カナダ・ガバナー・ジェネラル賞(カナダの最も権威ある文学賞)を受賞している。2011、2014、2015年にはTCAFに特別ゲスト作家として招待され、そのポスターやブランディングを手がけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

unnamed-1マイケル・ドフォージュ

彼の作品はまだ日本では出版されていないが、彼のコミック・シリーズLoseを含む多種多様かつ膨大な数のコミック作品は、今や世界的に認知度を得ている。彼のコミック、 Dressing (2015)、First Year Healthy (2015)、A Body Beneath (2014)、Ant Colony (2014)そしてVery Casual (2013)は全て素晴らしい批評を受けており、多くの賞にノミネートされ受賞している。カートゥーン・ネットワークの『アドベンチャー・タイム』のデザイナーの一人でもある。ドフォージュは2014年にTCAFに特別作家として招待されており、そのポスターやブランディングを手がけた。

 

Comments are closed.