English

Presspop inc.


バリー・フィップス “Iowa Photographs”  

BARRY-P

6月26日(金) ~ 7月26日(日)

会場:渋谷パルコ part1 地下1 パルコ・ブックセンター内  PRESSPOP GALLERY にて。

※作家の来日はございません。

 

プレスポップ ギャラリーでは、バリー・フィップスの日本では初となる写真展を開催します。

バリーは米国アイオワ州在住の写真家/ミュージシャンで、アイオワシティを拠点に制作活動を行っています。

今回展示される7点の写真は “Iowa Photographs Magazine”の中から作家がこの展覧会のためにセレクトしたものです。

アイオワ・フォトグラフ(Iowa Photographs)」シリーズは、米国の小さな町における建築物やタイポグラフィーの面白さを捉えています。線、質感、色を素材としたバリーの精密な構成は、普段見過ごしてしまうであろう様々な興味深い構造を浮き彫りにしています。古き良き米国の原風景を切り取ったような作品たちは、瞬時にして我々をここではないどこかへと誘う力強さを持っています。

なお、アイオワシティはUNESCOに“文学の街”として認定されていて、作家に対する支援に力を入れており、多くの作家が住む街でもあります。

 

バリー・フィップス(Barry Phipps)

カンサスシティ美術大学で絵画と写真を専攻。ミュージシャンの活動としては、1989年に、同じく美大生であった、アーチャー・プルウィット、マーク・グリーンバーグ、そしてジョン・アップチャーチと共にザ・カクテルズというバンドを結成し、現在もマイペースに活動を続けている。また、Tight Ship Recordsという小さなレコード・レーベルも運営している。
シカゴで10年間、North Branch Recording Studioというレコード・スタジオを運営した後、2012年にシカゴからアイオワ州アイオワシティに引っ越した。現在はアイオワシティのダウンタウンにて、The Barry Phipps Shopというアート・ギャラリー/レコード&本屋/イベント・スペース/アート・スタジオを運営している。

 

 

 

Comments are closed.