English

Presspop inc.


安田謙一

1962年1月25日、兵庫県神戸市生まれ。水瓶座。O型。

ロック漫筆家

1980年から京都のレコード屋で働くかたわら、ミニコミ「3ちゃんロック」を発行。続いて、ファックス・マガジン「今週のテンチングス」を創刊、並行して「ミュージック・マガジン」などの、主として音楽専門誌に寄稿を始める。1990年代には本名以外に「安田ビル」という名前も併用する。2002年までの批評や随筆などの原稿を集めた「ピントがボケる音」を2003年に国書刊行会から刊行。その他、パロディ・ジャケットの考現学本である「すべてのレコジャケはバナナにあこがれる」(市川誠との共著)(2004年、太田出版)、月刊「CDジャーナル」誌の連載で、“漫筆”を実践した「ロックンロールストーブリーグ」(辻井タカヒロとの共著)(2010年、音楽出版社)の著作がある。2003年あたりから「ロック漫筆家」という肩書きで文筆業に専念する。「ポップス渦巻島」「夜のピンチヒッター」(共にラジオ関西)でのラジオDJ業、モダンチョキチョキズ「THE 絶望行進曲」など作詞業、「テクノ歌謡」、「ディスコ歌謡」(ともにPヴァイン)など編集盤CDの監修も手がける。2012年には、「ピントがボケる音」以降の原稿から自選した「なんとかと なんとかがいた なんとかズ」(プレスポップ)を発表。

Comments are closed.