English

Presspop inc.


デイム・ダーシー(Dame Darcy)

1971年米国アイダホ州生まれ。
コミック作家/人形作家/画家/音楽家

ブルーグラス・ミュージシャンであり、芸術家の父と、ヒッピーであり、敬虔なカトリックであり看護婦でもあった母の間に生まれる。ヒッピーコミュニティという環境の中で、自然な流れで言葉と絵を綴りはじめ、18歳の時に既に彼女のライフワークともいえるコミック”MEAT CAKE”を自費出版で刊行する。
その後サンフランシスコ・アート・インスティテュートにて映像を専攻しアニメーションを学ぶ。1991年にはFantagraphicsより”Meat Cake”シリーズの出版がはじまり、現在までに12刊出ている。現在はロス在住で、コミック作家、ミュージシャン、ファッションデザイナー、映像作家、人形作家、役者として活躍する。音楽業界との交流も深く、sonic youthのサーストン・ムーアやコートニー・ラブからの賞賛の声も。コートニーとカートの娘、フランシスのベッドルームの壁に絵を描いた事でも有名である。
彼女の描き出す世界は、どこの国のどのクラスにも必ずひとりはいるであろう、授業中ノートの端に綿々と自らの妄想を描き連ね続ける不思議少女のそれと何ら変わることはないし、ややグロテスクなその絵柄は、ぱっと見ティーン・エイジャーの電話中の落書きと見紛うものだ。しかし、ディム・ダーシーは、ノートの切れ端のたわいない妄想を偏執狂的ともいえる旺盛な創作活動と独特のパフォーマンスによって芸術へと昇華した希有なアーティストといえるだろう。

Comments are closed.